スポーツ障害

スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ中に起こるケガや障害は特有のものがあり、また復帰に際しても再発予防や練習方法の変更など様々な問題を生じます。 
スポーツ中に起きた突発性のケガ(捻挫・骨折など)をスポーツ外傷といい繰り返しの動作や過剰な練習などで徐々に悪化する障害を
スポーツ障害といいます。またこれらを合わせてスポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

スポーツ外傷

スポーツ外傷は、スポーツによる突発性のケガで、捻挫、脱臼、骨折、軟骨損傷、靱帯損傷、肉離れ、腱断裂、脳震盪、脳挫傷、皮膚の創傷など様々なケースがあります。

このような突発性の外傷は、不慮の事故でもありますが、意外と大半は事前に防ぐことも可能なのです。
多くのケガは、自己の能力以上のパフォーマンスを行った時や普段行わない動作をした時に、その負荷に耐えられず、
あるいはバランスを崩して起こる事があります。

また、普段の練習で疲労が溜まり、体の反応が鈍ったり、筋肉の耐久力が低下していたり、判断力が低下した場合にも
発生頻度が高まります。

これらを未然に防ぐには、効果的な練習方法や適度な練習量、プレーする場所の地形や施設の状態、プレー方法や戦術の確認など様々な要素も考慮しなければなりません。

スポーツ障害

スポーツ障害は、反復練習による疲労性の障害やスポーツの各種目による特殊な動作により起こる特有障害(例えば
テニス肘、ジャンパー膝、投球肩など)などがあり、慢性的経過を呈して選手生活を左右する重篤な障害に至る場合も
多く見られます。
原因は、やはり無理なフォーム(スポーツ時の体勢、姿勢)や耐久力を無視した動作や練習にあるといえます。

【午前】8:30~12:00【午後】4:00~8:00
※土曜日は8:30~15:00まで 【休診日】日曜、祝日

メールでのお問い合わせはこちら

ご利用者の声

初めての方へ

交通事故治療

スポーツ障害

訪問マッサージ・介護予防

あおぞらケアサービス

各院のご紹介

ご利用者様の声

よくある質問

あおぞらblog

アクセス

【あじま接骨院】
愛知県名古屋市北区 楠味鋺 3丁目
403-2-A

tel:0120-556-878

【午前】8:30~12:00
【午後】4:00~8:00
※土曜日は8:30~15:00まで
【休診日】日曜、祝日

いつでもご相談承っております

お問い合わせはこちらから