交通事故治療

交通事故治療

交通事故に遭ってしまったら

まずは警察に届出を出しましょう。
※自賠責保険、任意保険どちらにも必要な事故証明を受け取れます。
(事前に当院にご連絡いただければアドバイスさせていただきます。)
他にも以下の情報を控えておくと、スムーズです。

・相手方の氏名
・住所と連絡先
・車の登録ナンバー
・任意保険の有無
・自賠責証明書番号と保険会社名等


上記は、あくまで手続き上のことですが、一番大事なのは、もちろんご自身の体なので、信頼のおける医療機関で
CTやMRIなどを用いた精密検査を受けることをお勧めします。

交通事故の症状

・ むち打ち症

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、 首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と
呼ばれています。その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

・むち打ち症について

むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが
現れます。

・むち打ち症の原因

車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードなどのスポーツによって起きることも
あります。

むち打ち症の症状と分類

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

・ 神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

・ パレ・リュウ症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労・・・
などが起こる症状です。
※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。

交通事故の補償

治療費

応急手当費診察料、入院料投薬料、手術料、処置料等通院費、転院費、入院費etc…
※接骨院・鍼灸院での治療もここに含まれます。

交通費

通院に際しての交通費も支払われます。
公共交通機関かタクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代etc…

休業損害費

自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。
また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

1. 給与所得者

過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、
担当者名、代表社印)

2. パート・アルバイト・日雇い労働者

日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)

3. 事業所得者

事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

4. 家事従事者

家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

慰謝料

慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で、1日4,200円が支払われます。
慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。

1. 治療期間

治療開始日から治療終了日までの日数

2. 実治療日数

実際に治療を行った日数

「実治療日数」×2 と「治療期間」で少ない方の数字に4,200円をかければ慰謝料が算定されます。
(上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、整形外科に通院した場合と接骨院に通院した場合のみです。鍼灸院や整体院では、実治療日数のみしか算定されません。慰謝料の面から
見ても、接骨院(整骨院)にかかる事をお勧めします。)
妊婦が胎児を死産又は流産した場合は、上記のほかに慰謝料が認められます。

交通事故治療とは

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因の痛みや障害(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感 等)の治療のことを指し、主に自賠責保険による治療のことをいいます。
当院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また、治療を受けているが、思ったように治らなくて困っている等の方々のご相談に応じております。

※交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。

交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、 放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。 そうならないためにも、早期の適切な治療と、症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。

あおぞら接骨院グループは交通事故によるケガや後遺症の治療を得意としています。

交通事故での保険(自賠責保険・任意保険)による施術が行えます。

ご本人の負担額0円

※接骨院では施術証明書が発行でき、それにより人身事故扱いとなります。
(一部受け入れない警察もあり)
※最初に整形外科などの病院に行って診察を受けていても、接骨院に変更することは可能ですし、医師からの許可があれば、両方に通院することも可能です。
(但し同日に両方通院は不可)
※整形外科の紹介も行っております。
★他院に通院中の方でなかなか症状が改善されない場合は、当接骨院での施術をお勧め致します。

交通事故治療の流れ

STEP1

まずは警察へ交通事故の届出

加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。(特にケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。

STEP2

医療機関のご紹介

当院にご来院いただければ、紹介状を書き、適切な医療機関を紹介いたします。

STEP3

保険会社へ接骨院・整骨院での治療を希望する旨を伝える

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

STEP4

お電話および、直接ご来院

治療をご希望の方はお電話にてご連絡いただくか、直接お越しください。
その際に以下のことをご準備ください。

■ お取扱いの保険会社ご連絡先(ご担当者名)
■ 病院受診の方は診断名

STEP5

問診票の記入

交通事故治療にあわせて問診をさせていただきます。
その際に以下のことをおうかがいいたします。

■ 事故が発生した日時、状況
■ 医師の診断内容
■ ケガの症状
■ お取扱い又は担当保険会社の確認


当院にて、保険会社へ手続きを行います。

STEP6

触診

ケガの状態を確認します。 患部の状態(疼痛・腫れ・シビレ)、機能障害があるかなどを、いくつかの検査やテストを行って調べた上で、治療のプランを組み立てます。

STEP7

治療の開始

症状に合わせて、電療、冷あん法、温あん法、手技療法、運動療法等の中から、治療プランを決定し、施術行います。 日常生活動作の指導や、ご自宅での注意点をお伝えします。

STEP8

治療の終了

症状が改善されたら、治療完了です。
保険会社に治療が完了した旨の書類を作成し送付します。
その後、保険会社よりその他の費用(立替分、交通費等)を計算してもらいます。
明細の入った示談内容書を確認し、納得がいけばサインをして完了となります。

【午前】8:30~12:00【午後】4:00~8:00
※土曜日は8:30~15:00まで 【休診日】日曜、祝日

メールでのお問い合わせはこちら

ご利用者の声

初めての方へ

交通事故治療

スポーツ障害

訪問マッサージ・介護予防

あおぞらケアサービス

各院のご紹介

ご利用者様の声

よくある質問

あおぞらblog

アクセス

【あじま接骨院】
愛知県名古屋市北区 楠味鋺 3丁目
403-2-A

tel:0120-556-878

【午前】8:30~12:00
【午後】4:00~8:00
※土曜日は8:30~15:00まで
【休診日】日曜、祝日

いつでもご相談承っております

お問い合わせはこちらから